Home > スポンサー広告 > Contigでピンポイントに高速デフラグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://disconnect.blog49.fc2.com/tb.php/52-72b96a9b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from /disconnect

Home > スポンサー広告 > Contigでピンポイントに高速デフラグ

Home > PCゲーム全般 > Contigでピンポイントに高速デフラグ

Contigでピンポイントに高速デフラグ

先日HDDのデフラグをしたばかりなのだが、WinXP標準のディスク デフラグ ツールで分析してみると結構断片化してるもので。

特に断片化がひどかったのが先日のデフラグ後にSteamでダウンロードしたSTALKER SoC。
やっぱりダウンロードだとファイルは断片化しやすいのだろうか。

ということで、Contigというツールを使ってピンポイントなデフラグをしてみる。



以下の作業は全て自己責任でお願いします。

Contig

今回はSTALKERのみをデフラグしたいので、ダウンロードしたContigのContig.exeをSTALKERのフォルダにコピーする。

私の環境では
D:\Program Files\Steam\steamapps\common\stalker shadow of chernobyl\Contig.exe
となる。
もちろんSTALKERに限らず、好きなディレクトリでやっても問題ない。

そして、コピーしたContig.exeのショートカットを作成し、リンク先の最後に
" -v -s *." (""は含めない)
と付け加える。
最初に半角スペースがあるのを見落とさないように。

こんな感じ。
contig1_.jpg


そしてショートカットを実行。

contig2.jpg

こんな感じの画面でデフラグ中の情報が表示される。
デフラグが終了するとこのDOS画面が消える。
キャンセルの仕方は不明。



今回のデフラグではオプションに -v -s *.をつけたが、これも状況によっていろいろと変えるのがおすすめ。

たとえば対象ディレクトリ内の.dll拡張子のファイルだけをデフラグしたい場合、オプションを" -v -s *.dll"とすれば良い。

そこらへんのオプションの説明は、ぐぐったら出てくるし、上記のContig公式サイトにも載っている。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://disconnect.blog49.fc2.com/tb.php/52-72b96a9b
Listed below are links to weblogs that reference
Contigでピンポイントに高速デフラグ from /disconnect

Home > PCゲーム全般 > Contigでピンポイントに高速デフラグ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。