Home > 2009年04月

2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

GTA4 - クリア

  • 2009-04-30 (Thu)
  • GTA4
blog3301.jpg

結構前から少しずつ進めてきたGTA4、ようやくクリア。

最後はスッキリしないようなエンドだった。
どうやらエンディングは二種類あるようだけど、どっちもすっきりとは終わらせてくれないようだ。
もう一つの方のエンディングもやろうと思ったら分岐点のセーブを上書きしてしまっていたので、いつか二週目やるときに楽しみにしておこう。

ストーリー全体を通して前作とは違った暗い雰囲気を醸し出していたGTA4に合ったエンディングとも言える・・・のかなぁ。



blog72400.jpg

ストーリーは置いといて、最後まで心残りだったのがやっぱり銃撃戦。
前から記事で銃撃戦がやり難いというのは書いたけど、もっとなんとかならなかったのかなぁ、というところ。

ニコは人間らしい自然な動きをとろうとするので、操作のレスポンスの悪さや動きの鈍さが出てストレスが溜まる。
GTA4にはEuphoriaエンジンだとかいう自然な人間の動き(物理処理?)をシミュレートしてくれるエンジンが搭載されているらしく、それのおかげで車に轢かれた人間の動きとかは物凄くリアルに出来ているんだけど、それの弊害が銃撃戦に出た感じか。



blog72500.jpg

それにしても、GTA4以上に街の細部を作りこんであるゲームは他に見つからないだろう。
特に夜景は最高に綺麗。


いやーいいゲームだった。
これでやっとディスクトレイから入れっぱなしだったGTA4のディスクを外せる。
スポンサーサイト

小説版

4Gamer.net ― Bethesda,Elder Scrollsの世界を舞台にした新作小説を発表

どうやらElder Scrollsシリーズの世界観の小説が出るらしい。
翻訳版が出たら少しだけ読んでみたいかもしれない。

まぁOblivionのゲーム内にも小説が結構あったりするんだけど、まだ全然読めてない。


あと今Oblivionはファイターズギルドクエストのクリアに伴ってMOD環境を一から構築しなおしてます。
この作業が一番たのしい。

Oblivion - 四天王がやられたようだな

ようやく・・・ようやくファイターズギルドのクエストをクリアした・・・!
長かった・・・!

ファイターズギルドは序盤から終盤まで単調なおつかいクエストが続いて、正直あんまり面白くなかった。
ただし最後のあの部屋のオブジェクトは良く出来てて見てて面白かった。

あとOOOの影響かボスが異常に強かった。

blog73900_.jpg

素早いし攻撃力高いしで自分のレベルじゃ倒すのは無理だと悟り、外にでてガードに助けを求めることにした。

ガードも一人だけじゃやられてしまうほどの強さなので、そこらじゅうを走り回ってガードを釣りまくる。
そして集団リンチの末倒すことに成功。

それにしてもガードに助けを求めて簡単に倒せちゃうっていうのも中々アホな仕様だ。
まぁ、その自由度の高さがOblivionの魅力なわけだけど、いまいちボスと戦ってるような感覚じゃない。

あとこいつがブレイドに加担すれば正直主人公いなくてもOblivion界の魔物の侵攻なんて怖くないと思うんだけど。

東のエデンやばい

ゲームと全く関係ないことで恐縮だけど、東のエデンっていうアニメがやばい面白い。

原作・脚本・監督は「攻殻SAC」の神山健治で、キャラクター原案が「ハチクロ」の羽海野チカ。
一見珍しい組み合わせではあるけど、それが良い味だしてる。

ここまで惹きこまれたのは久々だ。みんなも見よう。


あと2話で「6才の男の子と女の子が奇跡的に助かった」ってのは攻殻ネタかな。

「超絶ないんですか^^;」

Steam版Titan QuestがCD-Keyの不具合で拡張版のマルチプレイができない件については先日記事で書いたが、某スチムースレで同じような報告を見かけた。
それについたレスポンスによると、『一度自分でサーバーを建てて、それを閉じてからなら他のサーバーに入れるようになる』とのこと。
実際にやってみたら見事にできるようになった。
ここで言うことではないが、ありがとう見知らぬ人。


私にTQ Goldを送ってくれた張本人の、TQと睡眠が大好きなseoken君が建ててくれたサーバーに早速お邪魔した。

screenshot00_.jpg

入るとそこにはレベル30越えしたseoken君の姿が。
しょっぱなから高レベルのモンスターがうじゃうじゃいる場所に連れられ、私はただ付いていくだけで膨大な経験値が得られる・・・。
なんか違うんじゃないかと思いながら、おかげでレベルがサクサク上がりあっという間にレベル10越え。
一通りレベルが上がったところでseoken君も同レベル帯のキャラに乗り換えて適正レベルの場所を攻略しましたとさ。

screenshot01_.jpg

膨大な経験値に慣れすぎて普通の敵の経験値がしょっぱい・・・。

Titan QuestはHack&Slash系のRPGで、敵を倒し経験値やアイテムを手に入れ自分のキャラを強化していく。
RPGなので戦闘はプレイヤースキルじゃどうにもならず、そういった戦闘の操作よりも自分のキャラをどういうクラスにするか、どのスキルを取得するかという育成が大事な要素になってくる。

FPSと違って操作も単純で特殊な中毒性があり、何も考えずにやるのに適してるゲームだろう。

Oblivion - 新しくもないMOD情報

公式フォーラムで見かけた面白そうなスレッドをピックアップ。

・[RELz] Reneer's Corpse Mod - Bethesda Game Studios Forums

人間の死体が徐々に腐っていき変化していくMOD。
まずはゾンビに変化し、その次はスケルトン、やがて灰になり消滅するようになるらしい。


・[REL]MrMuhs & RPG-BlackDragons Dynamic Depth-of-Field - Bethesda Game Studios Forums

Depth of Field(被写界深度)エフェクトの追加MODとして有名なQarl and Timeslips Depth of Fieldを改善し、画面の中心に見えているものにピントが合うようにしたMOD。
Qarl and Timeslips Depth of Fieldでは、ボケた遠景だけを視界に納めると画面のどこにもピントが合ってない不自然な状態になっていたのが改善されるようだ。
といっても試してないので良く分かりますん。



ちなみに、他にもOblivionにDepth of Fieldエフェクトを追加するMODがある。

ENB Series Home

こちらはd3d9.dllとかいうDirectXに関係してそうな、というか関係してるdllファイルを読み込ませ、画面内の描画を無理やり調整しちゃうっていうMOD。
現在いろんなゲームに対応していて、Bloom効果やSSAOの追加、DoFエフェクトの追加などの実装が主。

実装方法が無理やりなだけに、DoF効果がHUDにまで影響されてHUDがピンボケしてしまったりする。
あとクソ重くなる。

常用するのは厳しいが、DoF効果やSSAOは綺麗なのでスクリーンショット撮影用と見ると面白い使い方が出来るはず。

X3 - アポロ11号は月にいったっていうのに

blog70900.jpg

なんかよく分からない人によく分からない場所で会い、よく分からない会話をしてよく分からないまま何かの船の固定砲座を操縦することになってた。
なんかのシューティングゲームみたいにミニゲーム感覚で迫り来る敵を撃ちまくる。

ここから場面が変わりまくりでよく分からないことに。

そしていつの間にかどっかのよく分からない星に来てた。

blog70700.jpg

ビルの隙間を凄いスピードですり抜けながら、追ってくる敵を撃ちまくる。
どう考えても別ゲーです。正直驚きがとまらなかった。

そもそもなんで敵に追われてるかすら良く分からない。
展開速いってレベルじゃねー。

blog71000.jpg

せめて会話に字幕がでてくれればいいんだけど。

America's Army 3 - リアルなの?

リアル系無料FPSAmerica's Army(AA)の続編である「America's Army 3」の最新ムービーが公開された。

「America’s Army 3」,最新ムービーでリアルさへのこだわりぶりをチェック ― 4Gamer.net

AAは米軍が軍隊への勧誘やアピールを目的として製作した無料のオンラインFPS。
製作に軍ついてるだけあって、リアルな米軍の訓練や筆記テストなどを体感したり、普通のFPSのように対戦もできる。
その続編ということでAA3には期待していた。

AA3はUnreal Engine 3を使ってるとのことだが、動画で見る限りグラフィックは他のUE3を使った大物タイトルと比べると見劣りする出来栄え。
人間のモーションも不自然さが残り、どこか一世代前のFPSのような印象を受ける。

もちろんAAと同じくAA3も無料公開されるので、そのときを楽しみにしていよう。

Steam版 Titan Quest Goldに注意

先日、最高に心が広いお方にTitan Quest Goldを買ってもらったのだが、Titan Quest: Immortal Throneのマルチプレイをしようとすると、サーバーに入りロードが終わった直後に「Invalid CD Key」と言われて蹴られてしまう不具合が発生。

http://forums.steampowered.com/forums/showthread.php?t=758793
http://forums.steampowered.com/forums/showthread.php?t=828819

どうやらこの不具合が発生してるのは私だけではなく、最近発生しはじめたもののようだ。

フォーラムの書き込みでSteamのサポートに問い合わせた人が、レジストリの

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Iron Lore\Titan Quest 及び
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Iron Lore\Titan Quest Immortal Throne

にあるCD Keyの値を削除してからゲームキャッシュの整合性を確認してくれとの返答を貰っているが、このようなことをしても解決はしない。
そもそもレジストリをわざわざ削除しなくても、ゲームキャッシュの整合性を確認するだけでレジストリのTitan QuestのCD Key情報は削除されるらしく、わざわざレジストリを弄る意味がないということになる。

他のサイトで買ったTQ:ITのCD KeyをレジストリのCD Keyの値に入れたら普通にプレイできたという話もあるので、どうやら単に配布されたCD Keyが無効なものになっているだけのようだ。

Steamのサポートはその後「修正にとりかかっている」という返答をしているので、そのうち対策されると思われる。

Oblivion - 宝の山

私がOblivionをプレイする中で、指輪やらネックレスやらコインやら宝石などの宝物を何に使うでもなく、飾るでもなく無駄に保管してたりする。
多分Oblivionをやったことがある人なら分かってもらえると思う。

そしてさらにReneer's Gold Modという所持金がアイテム扱いになるMODも入れているのだが、ふと「今の手持ち財産と、今まで集めてきた宝物たちをその場にぶちまけるとどんな感じなんだろう?」という考えがよぎった。

手持ち財産は13000ゴールド、場所はWater Frontのボロ家。

blog67900.jpg

ゲーセンにこんな感じでお菓子が溢れてる奴があったよね。

パールやらアメシストやらソウルジェムやら高そうな壺やらなんでもござれ。

13000ゴールドといっても、金貨一枚あたり10ゴールド分という価値を設定してあるので単純に考えるなら金貨1300枚。本当にそんなに転がってるとは思えないけど。
金貨一枚あたり1ゴールドという設定にすれば13000枚の金貨をぶちまけることが出来るだろうけど、処理が怖いのでやめておく。

お宝たちもこれだけじゃないが、流石にOblivionにもオブジェクト上限があるらしく、アイテムが消えたりしたため続行はせず。


それにしてもこの世界に紙幣というものはないのか。
そこらへんの人が小額のお金しか持ってない理由が分かった気がする。持ち運び大変だわこれは

Oblivion - 幽霊船

blog53100.jpg

Anvilかどこかの幽霊船クエスト。
幽霊船とかいうもんだからてっきり沖のほうで船が彷徨っているものかと思っていたら、普通に桟橋に横付けされてる船が幽霊船だった。

幽霊には近接武器は銀製の武器かエンチャントされた武器しか効かないそうだが、幸いにも銀製の武器を愛用してたのでなんとかなった。

それにしても船内は狭くて落ち着く。
IC Water Frontに停泊している船の酒場は特にお気に入り。あそこに住みたいくらい。


blog53200.jpg

ゲーム内で時々このような手紙を見つけるのだが、拾った場所から見ても特に場所と符合するような点は見つからず。
意味ありげに見せておいて実は意味がないのか、それともちゃんとした意味があるのかは謎。
もし意味があるのなら、面白いお遊び要素だと思う。

しかしこのゲームには意味のない物が溢れていて、それが生活観や世界観を上手く活気付けている。
それのおかげで初回プレイは意味のない物も拾いまくり、重量制限に引っかかったりしたわけだが。

STALKER CS - ZONEでこの先生きのこるには

Clear Skyでの新要素として派閥間戦争なんてものを大々的にアピールしてるだけあって、前作よりもNPC同士での戦闘を良く見かけるようになった気がする。

まだ無所属の私はBanditとも中立関係のため、Stalker vs Banditの戦闘が起こっても高みの見物ができ、最後に戦利品を漁るという漁夫の利プレイが可能。

ss_owner_03-22-09_00-02-56_(escape).jpg

画像ではVSSという高級銃を持っているが、これはBanditに殺されたStalkerのもの。
今作ではStalkerが序盤からLR300やL85などのやたらと高級な装備を持っているのだが、なぜかそんな高級装備でもショットガン持ちのBanditに負けるというヘタレっぷりを見せてくれる。

Stalkerの不幸で今日もメシが美味い。

さて、Garbageに行って任務を進めるとしようか。

ss_owner_03-21-09_22-54-17_(garbage).jpg
!?

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『おれはBanditとも仲良くやっていると思ったら いつの間にかカツアゲされていた』
通行料だとか貢物だとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
このゲームのクイックセーブの利便性を味わったぜ…

しかも 「お身体をお大事に。」 とか言っちゃってるMerc。腰抜けなのか大物なのか分かりません。

『好きにお金を溜めて、好きに使え』というRPG要素が強いこのゲーム性で、まさかあっさりと全財産を盗られるイベントがあるとは思わなかった。

いくらZONEとはいえ、こんな無秩序が許されてたまるか!
ここは私が月に代わってお仕置きせねば。

ss_owner_03-22-09_00-08-22_(escape).jpg

とりあえず近場のStalker基地にて、Stalkerに所属する。
誰にも味方をしない死体漁り屋プレイから一転、ZONEの平和を乱すBanditと戦うかっこいい派閥へ。MMO風に言えばジョブチェンジ。
これで幼い女の子に「どうしてお兄ちゃん戦わないの?」と言われる恐れはなくなった。

ファッキンBanditども、ぶっころしてやるぜ。

早速味方が先ほどBanditに占拠された野営地を取り返しにいくようなので、とりあえずGarbageは放っといて味方について行くことにしよう。

ss_owner_03-22-09_00-22-23_(escape).jpg

ss_owner_03-22-09_00-23-18_(escape)_.jpg

インポジション。
味方もポジションに付くと伏せたり木に隠れたりのモーションをしているのが細かくてとってもいい。

そして先制攻撃を仕掛けてあっさりとBanditを殲滅。
無事に野営地を取り戻せた。

それにしてもBanditの装備がしょっぼい。
こんな奴らに我軍は劣勢をしいられていたのか。

高級装備を持っただけのヘタレStalkerの集団よりも、Banditのほうがある意味エリート集団なのかもしれない。

Home > 2009年04月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。