Home > Oblivion

Oblivion Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Oblivion - 度々、旅に出るんだ

blog27901.jpg

Oblivionの環境再構築をしてスニーク弓キャラ作ってまた始めた。
TIE入れたのでチュートリアルがかなり厳しかった。
序盤はOOOよりマゾいらしい。

いつみても山に囲まれた帝都は画になるなぁ。
スポンサーサイト

小説版

4Gamer.net ― Bethesda,Elder Scrollsの世界を舞台にした新作小説を発表

どうやらElder Scrollsシリーズの世界観の小説が出るらしい。
翻訳版が出たら少しだけ読んでみたいかもしれない。

まぁOblivionのゲーム内にも小説が結構あったりするんだけど、まだ全然読めてない。


あと今Oblivionはファイターズギルドクエストのクリアに伴ってMOD環境を一から構築しなおしてます。
この作業が一番たのしい。

Oblivion - 四天王がやられたようだな

ようやく・・・ようやくファイターズギルドのクエストをクリアした・・・!
長かった・・・!

ファイターズギルドは序盤から終盤まで単調なおつかいクエストが続いて、正直あんまり面白くなかった。
ただし最後のあの部屋のオブジェクトは良く出来てて見てて面白かった。

あとOOOの影響かボスが異常に強かった。

blog73900_.jpg

素早いし攻撃力高いしで自分のレベルじゃ倒すのは無理だと悟り、外にでてガードに助けを求めることにした。

ガードも一人だけじゃやられてしまうほどの強さなので、そこらじゅうを走り回ってガードを釣りまくる。
そして集団リンチの末倒すことに成功。

それにしてもガードに助けを求めて簡単に倒せちゃうっていうのも中々アホな仕様だ。
まぁ、その自由度の高さがOblivionの魅力なわけだけど、いまいちボスと戦ってるような感覚じゃない。

あとこいつがブレイドに加担すれば正直主人公いなくてもOblivion界の魔物の侵攻なんて怖くないと思うんだけど。

Oblivion - 新しくもないMOD情報

公式フォーラムで見かけた面白そうなスレッドをピックアップ。

・[RELz] Reneer's Corpse Mod - Bethesda Game Studios Forums

人間の死体が徐々に腐っていき変化していくMOD。
まずはゾンビに変化し、その次はスケルトン、やがて灰になり消滅するようになるらしい。


・[REL]MrMuhs & RPG-BlackDragons Dynamic Depth-of-Field - Bethesda Game Studios Forums

Depth of Field(被写界深度)エフェクトの追加MODとして有名なQarl and Timeslips Depth of Fieldを改善し、画面の中心に見えているものにピントが合うようにしたMOD。
Qarl and Timeslips Depth of Fieldでは、ボケた遠景だけを視界に納めると画面のどこにもピントが合ってない不自然な状態になっていたのが改善されるようだ。
といっても試してないので良く分かりますん。



ちなみに、他にもOblivionにDepth of Fieldエフェクトを追加するMODがある。

ENB Series Home

こちらはd3d9.dllとかいうDirectXに関係してそうな、というか関係してるdllファイルを読み込ませ、画面内の描画を無理やり調整しちゃうっていうMOD。
現在いろんなゲームに対応していて、Bloom効果やSSAOの追加、DoFエフェクトの追加などの実装が主。

実装方法が無理やりなだけに、DoF効果がHUDにまで影響されてHUDがピンボケしてしまったりする。
あとクソ重くなる。

常用するのは厳しいが、DoF効果やSSAOは綺麗なのでスクリーンショット撮影用と見ると面白い使い方が出来るはず。

Oblivion - 宝の山

私がOblivionをプレイする中で、指輪やらネックレスやらコインやら宝石などの宝物を何に使うでもなく、飾るでもなく無駄に保管してたりする。
多分Oblivionをやったことがある人なら分かってもらえると思う。

そしてさらにReneer's Gold Modという所持金がアイテム扱いになるMODも入れているのだが、ふと「今の手持ち財産と、今まで集めてきた宝物たちをその場にぶちまけるとどんな感じなんだろう?」という考えがよぎった。

手持ち財産は13000ゴールド、場所はWater Frontのボロ家。

blog67900.jpg

ゲーセンにこんな感じでお菓子が溢れてる奴があったよね。

パールやらアメシストやらソウルジェムやら高そうな壺やらなんでもござれ。

13000ゴールドといっても、金貨一枚あたり10ゴールド分という価値を設定してあるので単純に考えるなら金貨1300枚。本当にそんなに転がってるとは思えないけど。
金貨一枚あたり1ゴールドという設定にすれば13000枚の金貨をぶちまけることが出来るだろうけど、処理が怖いのでやめておく。

お宝たちもこれだけじゃないが、流石にOblivionにもオブジェクト上限があるらしく、アイテムが消えたりしたため続行はせず。


それにしてもこの世界に紙幣というものはないのか。
そこらへんの人が小額のお金しか持ってない理由が分かった気がする。持ち運び大変だわこれは

Oblivion - 幽霊船

blog53100.jpg

Anvilかどこかの幽霊船クエスト。
幽霊船とかいうもんだからてっきり沖のほうで船が彷徨っているものかと思っていたら、普通に桟橋に横付けされてる船が幽霊船だった。

幽霊には近接武器は銀製の武器かエンチャントされた武器しか効かないそうだが、幸いにも銀製の武器を愛用してたのでなんとかなった。

それにしても船内は狭くて落ち着く。
IC Water Frontに停泊している船の酒場は特にお気に入り。あそこに住みたいくらい。


blog53200.jpg

ゲーム内で時々このような手紙を見つけるのだが、拾った場所から見ても特に場所と符合するような点は見つからず。
意味ありげに見せておいて実は意味がないのか、それともちゃんとした意味があるのかは謎。
もし意味があるのなら、面白いお遊び要素だと思う。

しかしこのゲームには意味のない物が溢れていて、それが生活観や世界観を上手く活気付けている。
それのおかげで初回プレイは意味のない物も拾いまくり、重量制限に引っかかったりしたわけだが。

Home > Oblivion

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。