Home > チラ裏

チラ裏 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

どうも

ご無沙汰してます。
しばらくゲームをする気力が沸かなくてosu!を少しやるくらいだったのが、最近になってまたゲーム欲が出てきました。

blog8202.jpg

グレネードマジうぜえとか暴言を吐きながらやるCoD4は格別です。

途中まで書いたFarCry2の記事の下書きとかまだ残ってんだなぁ。
だいぶ前のことだけど思い出しながら続き書けるかしら。
スポンサーサイト

さぼり癖

だめですね、全然更新できない。
というのも最近はゲームをあんまりやってなかったりして、それで最近は書くネタが無かったりもするんだけど。

ちょっと前にGTA4でショッピングカートMOD入れて騒いだ時の記事とか、ミラーズエッジの記事の続き(今まで忘れてた)とか書かなきゃなぁと思ってるのはあるんだけど、やる気がなぁ。

というか、やる気さえあればネタなんていくらでも見つかるはずか。

すべては暑さが悪いんだ!

Mini P180購入

ついにケースも買ったぞおおお!
買ったのはAntecのMini P180(ガンメタル)。

9000円程度という値段では質のいいケースみたいだ。
難点としてはケース内が狭く、その割りにMicro ATX専用のケースとしてはデカいという点。

組み上げる時は確かにケース内が狭いと思ったけど、変なところで干渉するということもなかったのでそこまで気にすることでもなかった。
ただし長いグラフィックボードを付けようとすると中段HDDケージもしくは中段HDDケージ内の上HDDスロットと干渉する恐れがあるので注意。
HD4890もその例外ではないので中段HDDケージにHDDは入れず、ケージを取り外して使っている。(ケージを外さなければ下HDDスロットは干渉せずに使えると思う)
ケージを取り外せば前面に12cmファンも付けることができるらしいので、そのうち買って付けてみようかと思う。

裏配線も出来るようになっているのでケーブル類をスッキリさせることも可能。


以前のケースではCPUの温度がアイドル時44~46度ほどだったのが、このケースにしてから37~39度程まで落ちて大満足。
ただグラフィックボードのほうは温度は変わらず・・・。
グラフィックボードの下に熱が溜まるらしい。

他の不満点として、スピーカーが付いてないためマザボの警告音などが出ない点くらいか。


まぁ、総合的に見てかなり満足のいくケースだった。
これで9000円程度ならいい買い物だ。

Cool & Quietの恐ろしさ

AMDのプロセッサにはCool & Quietなる機能が結構昔からあって、低負担作業時には動作クロックと電圧を下げて熱と消費電力を抑えようっていう機能なんだけど、
BIOSでC&QをEnableしWindows上の電源設定も「最小の~」に設定しているにも関わらず、動作クロックが低くなってないことに最近気が付いた。

まぁ別に今までそんな困ってなかったので気にしなくてもいいんだけども、せっかくなので試してみようとする。
どうやら有効になってなかったのは、AMD Processor Driverを入れてなかったからみたいで、これを入れたら簡単に有効することができた。

ただ・・・見てみると動作クロックが低すぎる・・・。800MHzって・・・。
我がCPUが非常にエコに積極的なのは分かったけど、800MHzだとさすがにブラウジングとか動画再生さえストレスが溜まる。
というか、HD画質のMP4の動画がカックカク。なんかセロリン使ってた頃を思い出したよ!

ゲームを起動してみると確かにCPUクロックが上がってるけど、CPU0とCPU1だけクロックと電圧が上がって2と3は800MHzのままっていうのはなんか見てて気持ち悪いなぁ。
それにゲームにも変なカクつきがある気がするし。

ということでBIOS側からC&Qはオフにした。
負担によってのクロックや電圧を自由に設定するには常駐型のソフトつかわないと駄目なのかな。
まぁ固定クロックで別にいいか。

R4890-T2D1G-OC (Radeon HD4890)購入

ついに念願のグラボを手に入れたぞ!

MSIのR4890-T2D1G-OCでございます。

何個か重めのゲームを走らせて見たけど、96GTのときよりは確実に軽くなってた。
ただしArmA2やCrysis Warheadの最高設定はフレームレートが30FPS以下に収まってしまい、普通にプレイするには少しストレスを感じてしまうレベルだった。
というか、なんだか自分の環境がグラボの性能を最大まで引き出せてないような予感がする。

これが初めて買うRadeonなんですけども、やっぱりドライバやコントロールパネルはGeForceのほうが使い勝手が良い気がする。

ドライバのダウンロードページにしても、最初は日本語版CCCがあることに気が付かず英語版を入れてしまったり。
GeForceのようにコントロールパネルでゲームごとに個別でアンチエイリアシングの設定などができないのも少し不便だと思った。
ただ、GeForceで言うnTuneのようなものを入れなくても、コントロールパネルに元からオーバークロック機能が付いてるのは良いね。

温度は、アイドル時で60度ほど。うーん、ちょっと高い。
なぜか自分の環境だと96GTの時から巷で言われてる平均温度より高いんだよね・・・。
海外のレビューとか見てると大体50度くらいになるはず。
ケースが悪いんだろうか。それとも室温が高いとか?
ゲーム中は計ってなくて不明。

アイドル時にファンが25%くらい回ってるんだけど、もっとファンの回転数あげて冷やそうと思ったら50%でかなりうるさくなる。
100%にすると爆音。最初にやったときビビった。
ただ煩い分はファンが良い仕事してくれてる。


この性能で2万円というのはかなりお買い得で、良い買い物をしたと思う。


物欲が満たされたけど・・・あぁ・・次はケースだ・・・。

AaaaaAA

更新するネタはあるんだけど、更新する気力が無い。

まだ何日か放置するかもしれない。

Home > チラ裏

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。