Home > STALKER

STALKER Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

STALKER CS - ZONEでこの先生きのこるには

Clear Skyでの新要素として派閥間戦争なんてものを大々的にアピールしてるだけあって、前作よりもNPC同士での戦闘を良く見かけるようになった気がする。

まだ無所属の私はBanditとも中立関係のため、Stalker vs Banditの戦闘が起こっても高みの見物ができ、最後に戦利品を漁るという漁夫の利プレイが可能。

ss_owner_03-22-09_00-02-56_(escape).jpg

画像ではVSSという高級銃を持っているが、これはBanditに殺されたStalkerのもの。
今作ではStalkerが序盤からLR300やL85などのやたらと高級な装備を持っているのだが、なぜかそんな高級装備でもショットガン持ちのBanditに負けるというヘタレっぷりを見せてくれる。

Stalkerの不幸で今日もメシが美味い。

さて、Garbageに行って任務を進めるとしようか。

ss_owner_03-21-09_22-54-17_(garbage).jpg
!?

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『おれはBanditとも仲良くやっていると思ったら いつの間にかカツアゲされていた』
通行料だとか貢物だとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
このゲームのクイックセーブの利便性を味わったぜ…

しかも 「お身体をお大事に。」 とか言っちゃってるMerc。腰抜けなのか大物なのか分かりません。

『好きにお金を溜めて、好きに使え』というRPG要素が強いこのゲーム性で、まさかあっさりと全財産を盗られるイベントがあるとは思わなかった。

いくらZONEとはいえ、こんな無秩序が許されてたまるか!
ここは私が月に代わってお仕置きせねば。

ss_owner_03-22-09_00-08-22_(escape).jpg

とりあえず近場のStalker基地にて、Stalkerに所属する。
誰にも味方をしない死体漁り屋プレイから一転、ZONEの平和を乱すBanditと戦うかっこいい派閥へ。MMO風に言えばジョブチェンジ。
これで幼い女の子に「どうしてお兄ちゃん戦わないの?」と言われる恐れはなくなった。

ファッキンBanditども、ぶっころしてやるぜ。

早速味方が先ほどBanditに占拠された野営地を取り返しにいくようなので、とりあえずGarbageは放っといて味方について行くことにしよう。

ss_owner_03-22-09_00-22-23_(escape).jpg

ss_owner_03-22-09_00-23-18_(escape)_.jpg

インポジション。
味方もポジションに付くと伏せたり木に隠れたりのモーションをしているのが細かくてとってもいい。

そして先制攻撃を仕掛けてあっさりとBanditを殲滅。
無事に野営地を取り戻せた。

それにしてもBanditの装備がしょっぼい。
こんな奴らに我軍は劣勢をしいられていたのか。

高級装備を持っただけのヘタレStalkerの集団よりも、Banditのほうがある意味エリート集団なのかもしれない。
スポンサーサイト

世の中金

Swampsを抜けてCordonへやってきた。

ss_owner_03-19-09_14-39-42_(escape).jpg

SwampsからCordonへ行く道は二つあるのだが、一番最初は片方しか使えないらしい。
そしてその片方というのが、最悪にもMilitary達の前哨基地の近くで、見つかったらヤバそうな雰囲気。
「俺だったら慎重に行動する」的な無線も入ってきている。

こっそりと抜けようと慎重に進んでいくも、見つかってしまい機関銃の弾丸を浴びることに。
しかし、何度試しても見つかってしまう。
これは慎重に行ったところで必ず見つかってしまうらしい・・・。

ということで、障害物を上手く使いつつ、少し撃たれたが走り抜けることに成功した。

それにしても、これはちょっと納得がいかない。もっとスマートな解決法が他にあったのだろうか。


ss_owner_03-19-09_14-48-00_(escape).jpg

そんなこんなで前作SoCの開始地点、シドロビッチのおっちゃんのところに到着。
相変わらず(というか時間軸では前作より前だが)あの地下で座っていろんなものを取引している。


ss_owner_03-19-09_14-53-17_(escape).jpg

空のグラフィックがかなり変わった感じ。より幻想的になり印象が強くなった。

そのまま歩いて行くと、味方からの救援要請の無線とともに、自動的に味方救援のタスクが開始される。
橋の前のバス亭で味方が敵に絡まれてるようだ。
さっそく助太刀に行くのだが、障害物に隠れつつモタモタと敵と戦っていると味方がやられてしまう。
何回もやり直したが、どうにも味方が死にまくりタスクが失敗してしまう。

死を恐れず突撃して敵を一掃できないかと試したが、やはり無茶をすると自分がやられてしまう。

とりあえず諦めることにした。さようなら。


ss_owner_03-19-09_22-26-35_(escape).jpg

CordonのSTALKER基地。
ここには取引の他にも改造が出来るみたいなので、とりあえず手持ちのAKS-74Uを強化してみた。
施したのは精度と反動を下げる改造。

これで少し銃撃戦してみたが、確かに少し使いやすくなった感じ。

でもお金が少ないので改造は考えながらやったほうがいいかもしれない。

STALKER CS

積みゲーがたくさんあるのでBioshockから崩そうかと思ってたけど、なんとなく気分にならないのでインストールすらしてなかったSTALKER Clear Skyを始めてみた。


ss_owner_03-18-09_18-04-12_(marsh).jpg

始めてから最初に目に付くのは、グラフィックスの進化。
SoCからの劇的な進化というわけではないが、細かなエフェクトの追加によって雰囲気はグンと良くなっている。

その分それなりに重いので、結局一部のエフェクトを切ったり設定を落としたりしているが。


ss_owner_03-18-09_18-25-56_(marsh).jpg

有志による日本語化MODによって、今のところ見かける全ての文章は翻訳されていて有難い。
こんな素晴らしい日本語化MODを作るのに関わった人達に感謝。


ss_owner_03-18-09_18-34-24_(marsh).jpg

開発中のバージョンがリークしたときにも収録されていた沼地「Swamps」
Clear Skyの本拠地となっており、ゲームの開始地点だ。


ss_owner_03-18-09_18-45-04_(marsh).jpg

目に付くのは戦闘中のNPCのモーションの強化で、カバーを使って身を隠しながら銃を撃ったり、障害物を乗り越えたりしてくる。
これは前作からの大きく進歩した点の一つだろう。


ss_owner_03-18-09_19-04-33_(marsh).jpg

前作に引き続き、退廃した世界を象徴するような廃墟は健在。
強化されたグラフィックスエフェクトによって、より美しい廃墟が楽しめる。
崩れた屋根から差し込むGod-Ray効果などは、間違いなく綺麗だろう。


ss_owner_03-18-09_18-44-13_(marsh).jpg

HUDを含め、インターフェイスは前作の使いづらいものから一新されている。
特にPDAのマップの使い勝手はかなり改善された。



各派閥間の戦闘や武器のアップグレードなど、まだ体験してない新要素はなんともいえないが、なかなか楽しめそうな近作。
プレイ中の他のゲームもやりつつ、こちらも進めていくことにしよう。

ねんがんのG36Cをてにいれたぞ

大分前にプレイしたまま記事にするのを忘れていたSTALKER SFPSの日記。


Yantarの研究所で新型のアノマリー/放射能検知器も無事買うことが出来た。
この検知器は危険を音で知らせてくれるだけでなく、ミニマップに詳しいアノマリーの位置を表示してくれるかなりのスグレモノ。

そしてBarに戻り、溜まったお金でお買い物。

ss_owner_01-23-09_19-02-20_(l05_bar).jpg

ずっと欲しかったG36CとACOGスコープを購入。やったね。


そしてこれからDark ValleyにあるX18研究所に乗り込みにいく。

ss_owner_01-23-09_19-13-05_(l04_darkvalley).jpg

Dark Valleyに入ったらいきなりこの修羅場。
どうやらDutyの兄貴のホモダチが、Banditに囚われてるらしい。

手を貸してくれと言われるので、この兄貴についていく。

ss_owner_01-23-09_19-15-32_(l04_darkvalley).jpg

ここでBanditを待ち伏せして、一掃すれば任務完了のはずなのだが・・・。
なぜか任務失敗に。

とりあえずクイックセーブからやり直そうとすると、ロード中にCTD。
何度ロードしてもCTDしてしまうので、Dark Valleyに入る瞬間のオートセーブをロード。
ここではCTDしなかったが、それ以降にセーブするとロード時にCTDしてしまう。

うーん。X18すっ飛ばしてYantarに行ったのがまずかったのか、なにかのランダム要素が変に重なって大変なことになってるのか・・・。

気力が一気にダウンしてしまったので、暫く積んでおくことにしよう。

ともあれSFPS製作者の皆さん、ICP作者さん、素晴らしいMODをありがとう。

夕闇ZONE探検隊

ss_owner_01-19-09_20-13-07_(l03u_agr_underground).jpg

STALKER SFPSも、最初の地下施設を抜けてBarまでたどり着いた。
それにしても地下施設の雰囲気はいつ見ても凄い。これほど「探索してる」感を味わえるゲームは中々ないはず。

Barまでたどり着けると行動範囲が一気に広くなるので、とりあえず新型のアノマリー/放射能探知機が売っているであろうYantarの研究所を目指し、Wild Territoryを抜けることにした。

ss_owner_01-22-09_23-03-22_(l06_rostok).jpg

どうみても地獄です、本当にありがとうございました。
夜に来なきゃ良かった・・・。

とまぁ、とりあえず敵と絡まれている教授を助ける。
初回は教授がゾンビとの戦闘に夢中になり、話を聞いてくれないという状況に。
こういう場合はautosaveからやり直すらしい。そして2回目で助けることが出来た。

Yantarを目指して歩く教授を背にし、とりあえず戦利品を下ろしにBarに戻る。
そしてBarから戻った頃には何故か死体がすべて消えていた。
これがZONE・・・。まだ獲っていない戦利品があったというのに・・・。
あとYantarへの道の付近に教授の持っていたP90が落ちてたような気がするけど気のせいだよね。

ss_owner_01-23-09_00-31-58_(l06_rostok).jpg

ss_owner_01-23-09_00-29-28_(l06_rostok).jpg

とりあえずM16+スコープを手に入れられたので良しとしよう。これで君もゴルゴだ。

STALKERではロングレンジでの戦闘が多いので、スコープはかなり使えるシロモノ。
近距離戦になったらサイドアームで応戦するとスナイパーの気分を味わえるぞ! しぬけど

A-LIFE

積みゲー達を横目に見つつ今日もZONEへと旅立つ。


ss_owner_01-19-09_18-0(l01_escape).jpg

SFPSでは、ブロウアウトという放射能の嵐が時々発生する。
発生している間は放射能がヤバイことになってるらしいので、地下などに避難することで身を守る。
避難場所はいろんな場所にあるが、どこなら安全なのかはイマイチ分からない。


ss_owner_01-19-09_1(l02_garbage).jpg

また、プレイヤーのPDAには他のSTALKERから発信されたZONEの最新情報が受信される。
「誰がどこで死んだか、何にやられたか」や「~でミュータントの群れを見た」、「~を手に入れた。売ろうと思う。場所は~だ」など、情報は様々。
次のブロウアウトがいつ起こるかという予報も入ってくる。

この機能はZONEの生態系システムをより強調してくれるため、非常に良いと思った。
プレイヤーの居ない場所でも出来事が起こっているのがとても分かりやすく、臨場感抜群。


ss_owner_01-19-09_19(l03_agroprom).jpg

うわあああああああああああああ

Home > STALKER

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。